年収が多くなくても利用できるなどメリットいっぱいのアコムのおまとめローン

おまとめローンは銀行でも利用できますが、可能であれば消費者金融を利用したいものです。
消費者金融は個人に対して融資をする事業に特化しているので、銀行よりも貸付がスピーティーだからです。
しかし消費者金融には総量規制があります。これは借入する人の年収の3分の1までしか融資を受けられないというものです。
例えば年収360万円の人であれば、最大120万円までしか融資が受けられないことになります。
そのため比較的金額が大きくなるであろうおまとめローンは利用が難しいのではないのかとも考えられるでしょう。

 

ですがアコムのおまとめローンであれば年収が多くなくても利用できます。
まずおまとめローンは総量規制の対象外なので、他の条件を満たせば年収の3分の1以上の借り入れも可能です。
そのため理論的には年収が200万円代の人でも100万円単位の融資を受けられます。

 

またアコムには借り換え専用ローンが設けられています。
他の金融業者では借り換え専用ローンを設けられていないところも多いので、使い勝手がいいです。
また借金を一本化するための借り換え手続きの際、これまで借り入れしていた業者へアコムが直接返済してくれます。
そのため他の業者よりもスムースに手続きができます。

 

おまとめローンが総量規制の対象外である理由

2010年に完全に施行された改正貸金業法によって、総量規制が導入されました。
これによって消費者金融などの貸金業者は顧客の年収の三分の一までしか貸付ができない、金額の制限を受けることとなりました。
しかし、同じように貸付の業務をしている銀行は銀行法によって規制を受けるため総量規制の対象外となっています。
おまとめローンのサービスを提供している金融業者は主に銀行と大手の消費者金融がありますが、もともと総量規制の対象外である銀行はもちろんのこと、消費者金融のおまとめローンも総量規制の対象外となっています。
消費者金融のおまとめローンでも総量規制以上の金額でも借入が基本的には可能ということです。
これは、おまとめローンが総量規制の例外の貸付となっているからです。
おまとめローンは複数の金融業者からの複数の借入を一本化するローンですから、新たな借入ではないということと、おまとめローンが顧客にとって一方的に有利な借入になることから総量規制の例外となっているのです。
逆の言い方をすればおまとめローンでも顧客の一方的な利益にならないおまとめローンは総量規制の例外にはあたりません。
すべてのおまとめローンが総量規制の対象外になるわけではないのです。