アコムでおまとめローンができるって知ってた?総量規制は大丈夫?

複数の借入を1つにまとめる方法に「おまとめローン」があり、多くの銀行が取り扱っています。

 

このおまとめローンの大きなメリットは何と言っても返済先を1つにできるということです。

 

複数社から借入をしている場合、返済が月に何日もあるということになりますので、毎月の返済が大変な状態になってしまいますがおまとめを利用することで返済先が1つになり、しかも毎月の返済金額を新しく設定することができますので、現在の経済状況に合わせて無理のない返済をすることができます。

 

おまとめローンを申し込むのは「銀行しかない」というイメージが強いかもしれませんが、実は大手消費者金融「アコム」にもおまとめができるプランがありますので、銀行ではなくても消費者金融を利用しておまとめをすることが可能です。

 

アコムのおまとめローンは「おまとめローン」という名称ではないものの、借り換え専用ローンを提供していますので、おまとめローンとして利用することができるようになっています。

 

アコムと言えば申し込み方法は電話だけではなくインターネットなど様々な方法がありますが、おまとめローンは「借り換え」になりますので、利用するのであれば電話をしなければなりません。

 

ここで気になるのは「総量規制は大丈夫か?」ということです。

 

確かに通常のカードローンであれば消費者金融は総量規制の対象ですので、年収の3分の1以上の借入はできませんが、おまとめローンに関しては借りる側が一方的に有利になることから、総量規制の例外として扱われます。

 

ですので、アコムでもおまとめローンとして利用できる借り換え専用のローンは、総量規制の例外として利用することが可能です。

 

これまで複数の借金があって返済に困っていた状態だったのであれば、アコムのおまとめローンを利用することによって何度も返済日がなくなるだけではなく、支払い金額を新たに設定することができますので、負担が軽くなることでしょう。

 

銀行のおまとめローンの審査に通るかどうか不安という場合には、消費者金融のおまとめローンをおすすめします。

 

借り換え専用のカードローン。ほかのカードローンとの違いは?

借り換えをする時、色んなCMや広告で情報を集めようとしますね。
借り換え専用ローンとカードローンなどの言葉も見る機会があったと思います。
金利の違いなどは一番先に気にする部分ではありますが、他の部分での違いは実際どんなものなのかを比べてみましょう。
まずよく目にするカードローン。
こちらは銀行や消費者金融でたくさん商品が出ています。
おまとめ、借り入れにもオススメと書いてあるものもあります。
借り換え後も追加で借り入れが可能です。
借り入れ専用カードローンは銀行では少ないけれど、消費者金融では存在するところが多いです。
始めにデメリットになってしまいますが、借換は金利を低くするためが一番の目的です。
消費者金融では大幅な金利ダウンは期待できないでしょう。
しかし、メリットと繋がる話として借換はすでに他社で借り入れをしている状態。
何社にも借り入れしている場合や多額になるとそれなりに審査も厳しくなります。
消費者金融の方が銀行と比べたら審査が通りやすく、借換専用ならさらに通りやすくなる可能性があります。
それは、追加での借り入れができないローンとなっているためです。
会社によっては追加での借り入れが可能なところもあるようですが、ちょっと生活が苦しくなったら1万2万と借入額を増やしてしまいそうと不安な方は始めから専用ローンで借金を完済することを目的にした方が借金がない生活への近道となるかもしれませんね。