ゆうちょ銀行にはおまとめローンはないが、融資の申し込みはできる

複数の金融会社から借り入れをすると、月々の返済額も支払う利息も、それなりの金額になります。
その負担を減らすために、おまとめローンの申し込みを検討する人もいることでしょう。
中には、利便性の高いゆうちょ銀行でおまとめローンを組みたいと考えている人もいるかもしれません。

 

ですが、残念ながらゆうちょ銀行では、おまとめローンは取り扱っていません。
ゆうちょ銀行で融資を受けるには、「貯金担保自動貸付」「国債等担保自動貸付」「スルガ銀行の個人ローン」のいずれかを選択しなければなりません。

 

まず、「貯金担保自動貸付」ですが、ゆうちょ銀行の総合口座に定額貯金がある人が、それを担保に融資を受けるという商品です。
預入金額の90%以内で貸し付けを行っており、1冊の総合口座通帳につき、最大で300万円まで借り入れができます。

 

次に「国債等担保自動貸付」ですが、ゆうちょ銀行の総合口座あるいは貯金窓口で購入した国債を担保に、貸し付けを行う制度です。
国債の額面金額の80%に相当する金額を、借りることはできます。

 

ですが、貸付期間は最長で1年で、1冊の総合口座通帳につき、最大で300万円の借り入れができます。
おまとめローンとして活用するなら、「スルガ銀行の個人ローン」になります。

 

ゆうちょ銀行で申し込む、カードローン「したく」の内容とは?

ゆうちょ銀行が窓口となっている「スルガ銀行の個人ローン」は、使途自由のフリーローンです。
金利も7.0〜14.9%と低めで、融資限度額は500万円となっています。

 

スルガ銀行の個人ローンの正式商品名は、カードローン「したく」といいます。
満20歳以上・70歳以下で、安定した収入がある人であれば、申し込みが可能です。

 

雇用形態も、正社員のみならず、契約社員やアルバイト、パート、年金受給者も対象になります。
初回の申し込み限度額は300万円ですが、その後の利用状況によっては、増額もできます。
即日融資はできませんが、ゆうちょ銀行から申し込んだ場合は、仮審査時間も30分程度で済みます。

 

ただし、ゆうちょ銀行はあくまでも申し込みの窓口を行っているだけで、審査はスルガ銀行が行いますので、本審査で落ちることもありえます。
また、審査に通ってもカード発行や融資の実行までに、時間がかかることが多いです。

 

とはいえ、取り扱いATMが豊富なので、利便性は高いです。
おまとめローンを考えている際には、ぜひ検討してみてください。