無職でもおまとめローンを受けることができるのか?

無職でもおまとめローンを受けることができるのかというと、大前提としては不可能です。

 

審査自体も受け付けていただけない金融会社もあります。

 

これはおまとめローンだけではなく、通常のキャッシングやカードローンでも同様で審査を受け付けていただけないことが多いというのが、現状です。したがって、まずは定職をつくことを考えましょう。

 

アルバイトや派遣社員、契約社員といった雇用形態でも審査をしていただける金融会社もありますが、正社員の方が審査も通りやすいですし、融資額も多くなります。

 

このような現状ですが、どうしても無職のままおまとめローンを受ける必要がある場合は、以下のような対策があります。

 

・不動産収入がある。
不動産収入は自営業とみなされる場合がありますが、安定した収入とはみなされないために課税証明書を確定申告書の写しの提出を求められる場合があります。

 

・年金受給者である。
年金を「安定した収入」と認めてくれる金融会社もありますので、そのような金融会社を探しましょう。

 

・専業主婦(夫)である。
配偶者に安定収入があれば、融資を受け付けてくれる金融機関があります。

 

このように安定収入がないと、金融会社としては返済される可能性が低いとみなしますので、融資を行ってくれません。
まずは職を探すことを最優先に考えましょう。

 

おまとめローンは申し込みブラックでも利用できるのか

おまとめローンはメリットの多い金融商品です。
しかし、おまとめローンを利用するためには金融機関の審査に通らなければなりません。

 

審査に通らなければいくらメリットの多い金融商品も利用することができないのです。
申し込みブラックは短期間の間に複数の金融機関に融資の申し込みをした状態で、申し込みブラックになってしまえば、融資の審査に通りにくくなってしまう状態であるといえます。

 

もちろん、申し込みブラック状態であればおまとめローンの審査にまず通ることはありません。
ではどのようにすればおまとめローンを申し込みブラックでも利用できるようになれるかといえば、少なくとも6か月間はおまとめローンだけではなく、他のキャッシングなどの申し込みを控える必要があります。

 

申し込み履歴は信用情報期間の個人信用情報の申し込み履歴に記載されますから、申し込みブラック状態はその申し込み履歴の情報が削除されるまで待つ必要があります。
申し込み履歴は6か月で個人信用情報から削除されますから、6か月間以上の申し込みを控えることによって申し込みブラック状態から脱することができます。

 

しかし、申し込みブラック状態から脱出してもおまとめローンの審査に通るかどうかはそれぞれの金融機関の審査基準によることになります。