おまとめローンの利率は、必ずしも低いとはいえない

おまとめローンは、複数の借金を一本化し、金利や返済額を下げることで、完済することを目的とした借り換えローンのことです。

 

そのため、おまとめローンの利率は低いものだと思い込んでいる人がいるようですが、それは違います。
おまとめローンという商品の利率が低いというよりは、それまで何社かに分散されていた借金が一本化され、1社での借り入れが高額になることで、結果として利率が下がるという面が大きいのです。

 

また、おまとめローンは銀行だけでなく、消費者金融も取り扱っています。
どの金融機関のおまとめローンを利用するかによっても、利率は異なるのです。

 

そのため、申し込みをする、あるいは審査が通る可能性が高いおまとめローンの利率が、必ずしも低いとは限りません。

 

おまとめローンはメリットばかりが強調されがちですが、実はデメリットもあります。
月々の返済額を抑えることを優先して返済期間が長くなったり、一本化するために利率の高い金融機関から借り入れをしたことで、結果的に返済総額が上がってしまうケースが少なくありません。

 

これは、本来のおまとめローンの目的と逆行するものですので、借り換えをしない方が賢明です。

 

銀行より消費者金融の方が利率は高いが、審査も緩めというメリットも!

利率だけでみると、消費者金融より銀行のおまとめローンの方が低くなっています。
ですがその分、審査も厳しくなりますし、融資の申し込みから実行までに、長いところだと1カ月近くかかることもあります。

 

その点消費者金融は、銀行と比べると審査が緩めで、会社によっては即日融資に対応してくれるところもあります。
とはいえ、消費者金融でおまとめローンを借り入れた場合、それで総量規制の枠を超過してしまうので、万が一新規借り入れをしたいと考えた時に、審査に通る可能性はありません。

 

そう考えると、おまとめローンという名称にこだわらず、利率の低い銀行カードローンの中で、利用限度額が高いところを利用して、借金を一本化することを検討するのがおすすめです。

 

おまとめローンは借り入れ後は返済するだけですが、通常の銀行カードローンであれば、利用限度の範囲内で追加融資を受けることができます。

 

そして、銀行カードローンなら、消費者金融のおまとめローンより、利率も低くなります。
多角的に検討し、申し込む金融機関を決めましょう。